夜更かしは背が伸びない。身長伸ばす睡眠で大事なこと

背が高くなる子の特徴

「夜更かしすると背が伸びない」と言われていますよね。

睡眠は健やかな成長の3大要素の一つでもあります。

背を伸ばすにはとても重要なことです。

今回は、なぜ睡眠が重要なのか、どんな睡眠が理想なのかを紹介します。

夜更かしは背が伸びない原因

背が高くなる子の特徴

なぜ成長期の子どもに夜更かしをさせると背が伸びないのでしょうか。

それは成長ホルモンの分泌にあります。

 

子どもの背が伸びる仕組みとして、まず成長ホルモンが分泌されて骨が伸びます。

厳密には成長ホルモンが分泌され、その働きによりソマトメジンCが分泌されて骨の成長を促します。

ソマトメジンCの分泌を増やす食品

 

ですので、成長ホルモンの分泌は背を伸ばす上でとても重要なことで、成長ホルモンの分泌が少ないと背が伸びないということなんです。

 

そして、夜更かしすると成長ホルモンの分泌が減る為に背が伸びないと言われるんですね。

成長ホルモンは睡眠時に沢山分泌されます。

夜更かしをすることで、その大事な睡眠時間が減ってしまいますよね。

成長ホルモンが沢山分泌される機会が減ってしまいます。

これが原因です。

 

また間接的な理由としても影響があります。

背が高くなる子の特徴

夜更かしをすることで、夜食を食べてしまう機会が増えるかと思います。

子どもが喜んで何か食べるのを見るのは親としてうれしい面もありますが、寝る前の食事は肥満の原因です。

肥満は成長期を早めてしまう原因の一つで、低身長を招きます。

思春期早発症は肥満が原因。成長期のダイエット要注意

 

また睡眠前に血糖値が上がってる状態は成長ホルモンの分泌の妨げともなってしまいます。

背が伸びる為の理想の睡眠とは

背が高くなる子の特徴

夜更かしをすることで成長ホルモンの分泌が減り、背が伸びなくなるということが分かって頂けたと思います。

では、しっかり成長ホルモンを分泌させるには、どういった睡眠をするのが良いのでしょうか。

ポイントは、

「睡眠時間」「睡眠時間帯」「睡眠の質」

これが整った睡眠を心がけることが凄く大事です。

 

僕が低身長(160cm)である一番の原因は睡眠だったんじゃないかと思います。

寝つきが悪く、いつも12時近くまでテレビを見ていました。

寝るのが苦痛でした。

睡眠時間が少なくなるので、朝の目覚めは悪かったです。

朝食を食べないで学校へ行く日もしょっちゅうでした。

今思うと、正に背が伸びない典型の生活でしたね。

 

睡眠時間は、小学生であれば最低9時間は寝たいところです。

 

睡眠時間帯は、夜の10時~2時の間に成長ホルモンが一番分泌されると言われています。

ですので、その時間帯には既に眠りについていることが大事。

9時には布団に入っていたいですよね。

 

睡眠の質、成長ホルモンは深い眠りの時にたくさん分泌されます。

ですので、深い睡眠に入れるように工夫をするといいです。

その為には、寝具を整えることも大事ですね。

布団や枕、パジャマなど。

環境などもです。

暑すぎたり寒すぎたり、湿度が高すぎたり乾燥しすぎたり、寝苦しい環境は睡眠の妨げになりますからね。

 

背が高くなる子の特徴

またメラトニンの分泌というのも背が伸びる上で大事なホルモンです。

メラトニンは夜暗くなると分泌されて眠気を誘ってくれます。

そしていい睡眠に入れます。

しかし、寝る前に強い光の刺激を受けてしまうとメラトニンの分泌が阻害されてしまいます。

ですので、就寝前にテレビやスマホを見るのは良くないです。

理想としては、就寝前は柔らかい間接照明のような明かりの部屋でリラックスしてから寝るのがいいですね。

 

メラトニンの働きとしてもう一つあるのが、思春期の訪れを遅らせることです。

思春期の早い訪れは低身長の原因ですので、メラトニンをしっかり分泌させたいですね。

 

暗くなったら眠くなり寝る、朝明るくなってきたら起きて朝日を浴びる。

この早寝早起きのリズムで体内時計がしっかりしていることが理想です。

 

こちらの記事も参考にして下さい。

身長を伸ばす睡眠の時間帯、質のいい睡眠をとる方法

 

睡眠は本当に大事なので、気を使って子供にはしっかりと寝させてあげて下さいね。

ただちゃんとした睡眠が出来てれば、それだけで背が伸びるのかと言えばそうではありません。

健やかな成長の3大要素には「睡眠」の他に「運動」と「栄養」があります。

「運動」と「栄養」も整ってることで初めて身長が伸びるものだと思います。

 

運動により骨端線と呼ばれる成長軟骨に刺激を与えて、骨が伸びることを促進させてあげます。

成長軟骨と身長の関係、背を伸ばすために必要なこと

 

そして栄養に関しては、親として特に気を使って欲しい面です。

成長期に必要な栄養素を摂取するには、親に掛かっていますからね。

小学生や中学生の子どもが自分で食材の買い物や料理をすることは難しいですからね。

今回の睡眠に関して栄養面を言いますと、アルギニンの摂取が成長ホルモンの分泌を促進させると言われています。

ですので、寝る二時間前までに、食事でアルギニンを摂取しておくとより睡眠時の成長ホルモン分泌に効果的なんです。

もちろんアルギニンだけではなく、成長期にはいろんな重要な栄養素が必要です。

成長ホルモンが分泌され、骨が伸びるときには栄養素が必要ですからね。

 

でも、どんな栄養素が必要か、どれだけの量が必要か、バランスなど結構大変です。

背が伸びる成分を総まとめ!

 

子どもの為だとは言え、毎日毎日栄養分析をして、食材を揃えて、料理してなんて中々のハードルです。

背が高くなる子の特徴

共働きでしたら本当に大変ですよね、そんな買い物や手の込んだ料理などする時間が毎回とれないです。

でも成長期の栄養摂取は毎日重要です。

また子どもたちも結構忙しいんですよね。

宿題や塾に、部活など。

食事の時間が疎かになる日もありませんか?

 

こういった栄養摂取の問題を解決してくれるアイテムがあります。

成長期用のサプリメントです。

成長期に必要な栄養素がバランスよく、吸収力もよく配合されていて、手軽に摂取出来てしまいます。

これまでの食事に+することで不足しがちな栄養素などが簡単に補えるんですね。

ですので、特別に食材などを買い物しなくても大丈夫です。

これって家計的にも助かるんです。

サプリメントによって値段はそれぞれですが、うちの子どもに食べさせてる「ノビルン」ですと1日99.3円(定期コース初月なら66円)で済むんですね。

これで、不足する栄養が補える。

うちはこれでかなり家計的に助かっています。

 

「ノビルン」や、アルギニンが摂取できるお勧めの成長サプリメントをまとめていますので、ぜひ参考にして下さいね。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

背を伸ばす方法、3大要素はしっかり抑えよう

背が高くなる子の特徴

身長伸ばす為、寝る前に意識するべき8つ

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばす睡眠の時間帯、質のいい睡眠をとる方法

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばす簡単な方法を考察