小学生男子の身長を伸ばす方法

背が高くなる子の特徴

小学生の男子ですが、背が低いです。

息子の身長をもっと伸ばしてあげたいです。

やっぱ、息子が周りの子よりも小さかったら、背を伸ばしてあげたいですよね。

僕もそうでした。

でも小学生男子の成長のことを知れば、焦る必要はないことが分かりました。

小学生男子の平均身長

背が高くなる子の特徴

僕の息子は、小学校3年生(8歳11ヶ月時点)の時点で身長126cmです。

小学生男子の平均身長を見てみましょう。

  • 小学1年生(7歳、0~11ヶ月):119.6cm~124.8cm
  • 小学2年生(8歳、0~11ヶ月):125.3cm~130.4cm
  • 小学3年生(9歳、0~11ヶ月):130.9cm~135.9cm
  • 小学4年生(10歳、0~11ヶ月):136.4cm~141.7cm
  • 小学5年生(11歳、0~11ヶ月):142.2cm~148.5cm
  • 小学6年生(12歳、0~11ヶ月):149.1cm~155.9cm

僕の息子は4.4cmほど平均より低いです。

背の順で言えば、前から3番目です。

男の子だし、僕自身が低身長で悩んできたから、同じ思いはさせたくない。

身長を伸ばしてあげたいと強く思います。

 

各学年での1年での伸び率を見てみましょう。

  • 小学1年生:5.2cm
  • 小学2年生:5.1cm
  • 小学3年生:5cm
  • 小学4年生:5.3cm
  • 小学5年生:6.3cm
  • 小学6年生:6.8cm

小学5年生(11歳)あたりから伸び率が上がってきてるのが分かりますね。

平均的には、男の子の成長期は12歳~14歳と言われています。

小学5~6年生になると、成長期に入りかけて背が伸びてくる子が多いんですね。

 

まずここで一つ言えることは、
まだ小学校中学年以下の男の子でしたら、少しくらい小さくたって、まだこれから伸びるってことです。

他の子より成長が遅くても気にしないで大丈夫ですよ。

むしろ成長が早い方が問題です。

成長期が早く来てる子は、その後が伸び悩みます。

じっくり長く伸びる子の方が最終的に身長が高くなるんです。

僕の息子の場合、まだ3年生で平均よりは低いですが、そこまで悩むほどではないと感じました。

 

でも注意点としましては、成長曲線を描いてみて、ー2SD以下のスコアでしたら、低身長症かもしれません。

早めに病院へ行って治療してもらうことをお勧めします。

小学生男子の身長が伸びる時期

背が高くなる子の特徴

小学生の男子が伸びる時期がわかりましたね。

小学6年生あたりから中学校2年生あたりです。

平均でその間、約2年間は8~9cmくらいづつ伸びます。

これが成長期スパートですね。

 

この期間が過ぎると徐々に伸び率は下がってきます。

ですので最終身長がどれだけになるかは、成長期までにどれだけ背が伸びてるかに掛かっているともいえますね。

 

つまり、成長期が始まる前から、小学校中学年頃からには身長が伸びるための方法をしておきたいです。

小学生男子の身長を伸ばす方法とは

では、小学生の男子が身長を伸ばす方法です。

もちろん魔法みたいな、これさえすれば絶対に伸びるというようなものはないですよ。

あれば、とっくに身長で悩む人なんていないですからね。

 

身長を伸ばすために重要な3大要素

「運動」「睡眠」「栄養」

これを徹底して日々の生活を送ることです。

徹底というと小難しそうですけど、子どもとして送って欲しい結構当たり前な生活習慣です。

 

【運動】

背が高くなる子の特徴

小学生であればそれなりの運動はあると思います。

特別なにかトレーニングをしなくちゃいけないことはないと思います。

登下校での歩きや体育、普段の遊びなどで楽しく、気持ちよく身体を動かせているのが大事です。

もし家の中でゲームばかりしているのなら、外遊びが出来るようになるといいですよね。

骨の端にある、「骨端線」という軟骨部分に刺激を与えることで骨が伸び、身長が伸びます。

 

【睡眠】

背が高くなる子の特徴

身長が伸びることに最も重要なホルモンが「成長ホルモン」。

これが沢山分泌されることで身長が伸びていきます。

成長ホルモンが沢山分泌される時が、睡眠時です。

ですので、寝不足は大敵ですよ。

小学生であれば1日9時間は寝たいです。

時間帯的には夜10時には熟睡できているのが理想なので、8時~9時には布団に入るのが望ましいですね。

そして質のいい睡眠が出来るように心がけて下さい。

身長を伸ばす睡眠の時間帯、質のいい睡眠をとる方法

 

【栄養】

背が高くなる子の特徴

先ほど、小難しいことはないといいましたが、この栄養に関しては親である僕たちにもっとも左右される部分です。

成長期に必要な栄養素をバランスよく不足しないように摂取できる食事を食べさせてあげて下さい。

睡眠や運動がしっかり出来ていても、栄養が無ければ健やかな成長が出来ません。

凄く大事です。

「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「たんぱく質」など、
色々必要なものがあります。

また栄養素同士のバランスもあります。

例えばカルシウム2:マグネシウム1です。

他にも成長に欠かせないアルギニンや、成長に有効なボーンペップなども摂取したいところ。

と言いましたが、これら栄養素を毎日考えて食材を揃えて、料理して食事に出すって正直厳しいですよね。

共働きだったり、子供自身も塾や宿題で忙しいです。

子供のサポートをしていたらそんな時間中々とれないもんですよね。

そこで僕たちを助けてくれるのが成長サプリメントです。

成長期に不足しがちな栄養素はこれで簡単に補えて、バランスも考えられて配合されています。

サプリメント代も気になるところでしょうが、毎日食材を購入することに比べたら、逆に安くつく場合もありますよね。

因みにうちの子供に飲ませてるのは「ノビルン」ですが、1日の金額にすると100円かかりません。

99.3円です。

毎日買い物はしないかもしれないですが、食材を切らさないようにし、毎日栄養素を計算し、食事を作ることを考えたら、正直サプリメントの方が断然楽ですし、間違いなく栄養が摂取できるんですよね。

しかも余分な脂肪分やカロリーを摂ってしまう恐れもないです。

実際に子供に飲ませて良かったものや、オススメのサプリメントをまとめてましたので、ご覧ください。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

ヤクルトで身長が伸びる理由

背が高くなる子の特徴

成長期の男子が立ちくらみ、身長との関係も?

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばすのにココアはおすすめか?

背が高くなる子の特徴

骨端線が閉じる原因と対策法

背が高くなる子の特徴

オスグット発症で背が伸びる?それとも伸びなくなる?

背が高くなる子の特徴

母親が低身長だと子供も低身長なのか