低身長の原因。ストレスと成長ホルモンの関係を知る。

背が高くなる子の特徴

ストレスと成長ホルモンの分泌には深い関係がありました。

ストレス社会ともいわれる現代、これは子供も例外ではありません。

ストレスが子供の成長にどんな影響を与えるのかをしっかり把握して、なるべくストレスのない生活を送らせてあげましょう。

子供の身長を伸ばすためにはとても大事なことの一つです。

ストレスが溜まると成長ホルモンの分泌が減る

くろ

くろ
ストレスが原因で身長が伸びなくなるって本当なの!?
タクヤ

タクヤ
うん、そうなんだ。

ストレスで成長ホルモンの分泌が出来なくなっちゃうんだよ。

くろ

くろ
でも子供が自分でストレスをコントロールなんて出来ないと思う…
タクヤ

タクヤ
そうだよね。

だから親が頼りなんだ。

でもその親が原因である場合もあるんだ。

今回のキーワードは「愛情」でもあるよ。

子供が健全な成長をする為には、成長ホルモンの分泌が欠かせないですよね。

成長ホルモンが分泌されなければ、骨を思うように伸ばすことが出来ません。

つまり身長が伸びないと言うことです。

ですので、成長ホルモンを分泌させる為に栄養を摂取したり、しっかりとした睡眠をしたり、運動をすることが大事です。

成長の3大要素ですね。

 

ところが、その3大要素がしっかしなされていたとしても、子供はストレスを受けることで、成長ホルモンの分泌を抑制されてしまいます。

愛情遮断症候群

背が高くなる子の特徴

ストレスにより低身長となってしまう原因の一つに「愛情遮断症候群」があります。

読んで字のごとく、愛情が遮断されている状態ですね。

親から、家族から満足な愛情が受けられてない子供は、それがストレスとなり成長ホルモンの分泌が出来なくなってしまうんです。

その為、低身長になってしまいます。

 

親から虐待などを受けていて身長が伸びてない子供が、保護施設などに行くと身長が伸び始めるという現象がよく確認されているんですね。

このように、ストレスにより成長ホルモンが分泌されずに身長が伸びないことは明らかになっています。

 

こういったストレスが成長ホルモンの分泌に影響を与えるメカニズムとしては、コルチゾールというホルモンが関係しています。

子供がストレスを受けるとコルチゾールが分泌されます。

大事なホルモンではあるのですが、これが沢山分泌され過ぎると成長ホルモンの分泌を抑制してしまうんです。

親から受けるストレスは早熟を呼ぶ

背が高くなる子の特徴

親からから受けるストレスで低身長となってしまう理由が他にもあります。

 

子供は親の言動をよく見てよく聞いています。

親の色んなことから影響を受け取るんですね。

例えば、ニュースなどで感じる不安感など、親が過度に怖がっていると子供はより不安になるでしょう。

自分を守ってくれるはずの両親が、目の前でケンカばかりしていれば身の危険を感じます。

 

子供は親が頼りで、親に無条件の愛を与えてくれます。

親が自分の安全地帯であることが本来なのですが、これが安全じゃなくなると、子供は本能的に早く大人になろうとしてしまいます。

 

早熟ですね。

 

まだまだ成長をしていく時期なのに、大人に近づこうと骨が早々に固まってしまいます。

すると背が伸びなくなっちゃいます。

低身長になってしまいますよね。

ストレスは成長の3大要素に影響する

背が高くなる子の特徴

子供がストレスを受けることで、コルチゾールが分泌され増えすぎると、成長ホルモンの分泌が抑制されて身長が伸びないとお伝えしました。

 

しかしストレスが身長に影響するのはこれだけじゃないんです。

間接的にも身長を伸ばすことに悪影響を及ぼしてきます。

 

大人でも同じで、過度のストレスを受けている時は睡眠障害になりやすいですよね。

背が高くなる子の特徴

情緒不安定で寝つきも睡眠の質も悪くなってしまいます。

成長ホルモンの分泌には睡眠は重要です。

睡眠時間や時間帯、質が整った睡眠をすることが大事です。

ストレスでこれが出来なくなることは非常に問題です。

身長を伸ばす睡眠の時間帯、質のいい睡眠をとる方法

 

他にもストレスが溜まっているときは食欲も落ちてしまいますよね。

背が高くなる子の特徴

満足な食事が食べられなければ成長に必要な栄養素が摂取できません。

栄養は成長ホルモンの分泌にも必要だし、骨が成長するのにも必要です。

他が整っていても栄養が無かったら成長できませんよね。

人は食べ物で出来ているとも言います。

栄養摂取がまずは基本ですよね。

成長ホルモンを促進させる食べ物

 

最後に

今回は特に親から受けるストレスでしたが、もちろんそれ以外にもストレスを受けることはあります。

学校で、友達、先生などストレスの原因は様々。

 

もし子供の様子がおかしいとき、ストレスが原因かもしれません。

寝つきが悪かったり、食が細くなっていたり、身長の伸びが遅かったり、なにか身体的な影響がみられませんでしょうか。

 

ふだんから子供には愛情を注いで、様子を見守ってあげて下さいね。

 

また、寝る前に「早く寝なさい!」などとキツく怒鳴ったりするのも逆効果です。

それで子供は興奮したりストレスになったりして寝れなくなってしまいます。

本末転倒ですよね。

 

食事にしても同じです。

食事量が少ないからと言って、無理やり食べさせるのはストレスです。

食事の時間が嫌になってしまいます。

もともと食の細い体質かもしれませんし、ストレスが原因かもしれません。

しっかり見極めて対処するべきですね。

 

成長期ですし栄養が気になるのであれば、手軽に摂取できるサプリメントもお勧めです。

食事だけでは不足する栄養素をバランスよく補助摂取できますし、美味しいのもありますのでストレスなく飲んだりたり、お菓子感覚で食べれたりします。

 

サプリメントについてはこちらでまとめましたので、参考にして下さいね。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

ザバスジュニアプロテインは身長を伸ばすのに最適か

背が高くなる子の特徴

成長期に足がつるのは何故?対処法は2:1

背が高くなる子の特徴

ローヤルゼリーは身長を伸ばす栄養素が詰まってる?

背が高くなる子の特徴

子供の最終成長期、身長UPを最大限にしよう!

背が高くなる子の特徴

背を伸ばす方法、3大要素はしっかり抑えよう

背が高くなる子の特徴

骨年齢の遅延は身長にどう影響している?