身長を伸ばす豆乳、止める豆乳

背が高くなる子の特徴

「身長を伸ばすのに豆乳が良い」・「豆乳を飲むと身長が伸びない」

両極端な噂があります。

本当のところはどっちなのか気になります。

それぞれの理由を調べてみました。

豆乳の身長を伸ばす栄養素とは

背が高くなる子の特徴

豆乳が健康にいい飲料だというのは周知のとおりですよね。

大豆から摂れるので、たんぱく質が豊富そうなのはイメージがありますが、実際にはどんな栄養素が含まれているのでしょうか。

【豆乳の成分】200mlあたり

エネルギー 95kcal カリウム 391.4mg
たんぱく質 7.42g カルシウム 30.9mg
脂質 4.12g マグネシウム 51.5mg
炭水化物 6.39g リン 100.94mg
ビタミンB6 0.12mg 2.47mg
葉酸 57.68μg 亜鉛 0.62mg
ナトリウム 4.12mg

身長を伸ばすのに良さそうな栄養素をピックアップしてみました。

その他にもビタミン類やミネラル成分が含まれています。

 

こうやって見ると色んな栄養素がバランスよく含まれているのがわかりますね。

この中で注目したいのが、成長期に重要とされる栄養素たちです。
背が伸びる成分を総まとめ!

豆乳にはカルシウム、マグネシウム、たんぱく質、亜鉛が含まれています。

また、たんぱく質と一緒に摂取することでたんぱく質の力を引き出すビタミンB6も入ってます。

身長を伸ばすにはタンパク質は絶対!+ビタミンB6

 

豆乳には上記の栄養素の他にアミノ酸が豊富なのも特徴です。

豆乳に入っているアミノ酸の中で注目したいのが、

「トリプトファン」「アルギニン」です。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる成分として、とても注目されています。

体内で合成できる非必須アミノ酸ではあるのですが、子どもはまだ十分に合成できない為、食品から摂取する必要がある栄養素なんです。

アルギニンで背が伸びたというのは本当か

 

トリプトファンは、睡眠ホルモンであるメラトニンを分泌するときに必要なアミノ酸です。

メラトニンは夜暗くなると分泌され、眠気を誘い、自然な質のいい睡眠へと導いてくれるホルモンです。

ですので成長に重要とされる「睡眠」にとってメラトニンの分泌はとても有効なんですね。

そのメラトニンを分泌するのにセロトニンの分泌が必要で、セロトニンの分泌に櫃王なのがトリプトファンなんです。

 

このように豆乳には、成長に重要な栄養素やアルギニンやトリプトファンが摂取できることから、身長を伸ばすのにいいとされているんですね。

豆乳が身長の伸びを止めると言われる理由

背が高くなる子の特徴

豆乳の栄養成分を見た限りでは、身長を伸ばすための栄養摂取にはとても良さそうです。

しかし、豆乳が身長の伸びを止めてしまうという噂もあるのは何故でしょうか。

 

大豆製品に含まれている成分で「イソフラボン」を聞いたことありませんか。

美容効果があるとして有名ですよね。

 

このイソフラボンに理由がありました。

イソフラボンは構造が女性ホルモンとよく似ているんです。

そのため女性ホルモンと同じような働きが出来るんですね。

それが美容効果になるのですが、成長期には骨の伸びを止めてしまうと言われていました。

 

もう少し詳しく言うと、思春期になり女性ホルモンが多く分泌されるようになると背が伸びます。

成長期ですね。

しかし、その後は徐々に身長の伸びが減っていき、やがて止まるんです。

大人の身体に成長するために骨の成長を促進し、骨を固めてしまうんです。

 

つまり女性ホルモンに似たイソフラボンを摂取すると思春期が早くに訪れてしまうということから、豆乳を飲むと身長の伸びが止まると言われているんですね。

身長を伸ばすために豆乳を飲むべきかどうか

背が高くなる子の特徴

さて、豆乳は身長が伸びるとも言われますし、伸びが止まるとも言われています。

どちらもそれなりの理由がありました。

豆乳は飲んだ方がいいのでしょうか、飲まない方がいいのでしょうか。

 

正直なところ判断しかねます。

間違ったことを断言はできませんので。

 

僕の個人的な見解では、成長期に入って身長が伸びている時期が後半に差し掛かったころであれば豆乳に含まれるイソフラボンの影響もそんなには気にならないのかと感じます。

成長期には豆乳に含まれる栄養素はとても有効だと思いますし。

 

でもこれだと、成長期まで子どもは豆乳が飲めないのか、となってしまいます。

栄養的にはすごく魅力的ですし、健康にいいと思います。

飲み過ぎないことを意識したらいいかもしれないですね。

科学的には子どもの1日の摂取量は分かっていません。

 

豆乳や納豆など大豆製品は普段の日常で食べていればいいのかと。

それに上乗せして、身長に良いからとイソフラボンを摂取することは推奨されてはいないようです。

 

朝食の飲み物や、料理の材料として豆乳を使っても、成長用の栄養をあえて豆乳で摂取しなくても良いってことですね。

豆乳の栄養素は魅力的ですが、リスクを感じるのであれば子どもの成長の為に栄養素を配合されたサプリメントがおすすめですよ。

豆乳以上にお手軽ですし、サプリメントによっては豆乳よりお財布に優しかったりします。

こちらでおすすめのサプリメントをまとめていますので、是非チェックして下さい。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

背が伸びる前兆ってどんなの?

背が高くなる子の特徴

ヤクルトで身長が伸びる理由

背が高くなる子の特徴

晩熟タイプの身長の伸び方と、早熟を防ぐ方法

背が高くなる子の特徴

ボーンペップ(卵黄ペプチド)のアレルギー大丈夫?

背が高くなる子の特徴

セノビックヨーグルト販売店は?サプリとしても考察してみた

背が高くなる子の特徴

骨端線が閉じる原因と対策法