身長を五センチ伸ばすポイント

背が高くなる子の特徴

身長を後五センチ伸ばしたい。

子供の身長を伸ばしてあげたい。

どうでしょう、中学生3年生から高校生くらいになると、
背が気になるもんです。

僕なんか後15センチ欲しいです。

流石に大人になってからは厳しいですが、高校生くらいまでなら可能性はあるかもしれないですよ。

身長は後五センチ伸ばすことが出来るのか。

背が高くなる子の特徴

身長を五センチ伸ばすことは可能か。

正直な話、人によりますよね。

残念なお答えかもしれませんが、可能性がないわけでもないということですよ。

子供には成長期があります。

そして一気にグーンと身長が伸びる時期を成長期スパートや思春期スパートとも言います。

この成長期スパートが過ぎると徐々に身長の伸び率は下がっていくんですね。

問題は成長期が既に来たのか、今からなのかです。

成長期が来る平均年齢は、

  • 男の子:12歳~14歳
  • 女の子:10歳~12歳

一般的にはこの年齢を過ぎれば、身長もその後はあまり伸びないです。

でも成長の個人差って結構あると思いませんか?

高校に入ってから成長期に入る子供も沢山いるんです。

僕の周りでも結構いますね。

 

ですので、今から身長を五センチ伸ばすことが出来るのかは、これまでの成長過程がどうだったかを見ることで推測できます。

成長期スパートが来ていたかを見るんですね。

また病院で手のレントゲンを撮り、骨端線を調べることで医学的にまだ伸びるのかどうかを知ることもできますよ。

身長を五センチ伸ばすポイント

背が高くなる子の特徴

身長が伸びる仕組みは、先ほど出てきました、「骨端線」が伸びることにあります。

ですので、骨端線が残ってれば伸びるのですが、そのために重要なのが成長ホルモンです。

骨端線が残っている平均年齢は、

  • 男の子:17歳~18歳
  • 女の子:15歳~16歳

どうですか?

まだいけそうじゃないですか?

諦める必要はないですよ。

骨端線が残っていることを信じて、身長が伸びる為に(成長ホルモン分泌に)必要なことをしましょう!

 

成長に大事なポイントは生活習慣ですよ。

「栄養」「睡眠」「運動」

まだ伸びるかもしれないんですから。

身長を後五センチ伸ばすことを諦めないで、整った生活を続けてみましょう。

「運動」

背が高くなる子の特徴

気持ちよく感じるくらいの運動でもいいので、運動不足にならないようにしましょう。

ストレッチやヨガも良さそうですよね。

骨端線は運動で刺激を受けることで、成長するように働くんです。

それから、背筋やO脚を直すだけでも場合によっては数センチも背が伸びることもありますよ。

姿勢を正すためにも運動は効果的です。

 

「睡眠」

背が高くなる子の特徴

睡眠は重要ですよ。

何故なら、成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるからです。

充分な睡眠時間と睡眠時間帯が大事。

そして質のいい深い睡眠をとってください。

身長を伸ばす睡眠の時間帯、質のいい睡眠をとる方法

 

「栄養素」

背が高くなる子の特徴

成長期に必要な栄養素があります。

主には「カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンD、たんぱく質」と言われています。

でもこれらをより効果的に吸収するために、ボーンペップポリカンといった成分もあります。

アミノ酸の一種であるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。

他にも必要な栄養素はあります。

そういった栄養成分をバランスよく摂取する方法はサプリメントがおすすめですよ。

おすすめのサプリメントをまとめましたので参考にして下さい。

成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

DHCカルシウム+CBPは身長を伸ばすサプリか?

背が高くなる子の特徴

背が伸びるラムネ、おすすめはこれです!

背が高くなる子の特徴

成長期のカフェイン摂取は身長に影響

背が高くなる子の特徴

アミノバイタルは身長伸ばすのに効果あり?

背が高くなる子の特徴

酔い止めで身長が伸びる?メクリジンの効果とは

背が高くなる子の特徴

成長ホルモンの分泌を阻害するものとは