成長期のカフェイン摂取は身長に影響

背が高くなる子の特徴

コーヒーを飲むと背が伸びなくなるって本当なのか?

やはり成長期にはカフェインは控えたほうがいいのでしょうか。

またどんなものにカフェインが多く含まれているのか。

子供の成長のために調べてみました。

成長期のカフェイン摂取の影響

背が高くなる子の特徴

カフェインの代名詞的なのがコーヒーかと思います。

そしてコーヒーを良く飲む理由として、多くの人が眠気覚ましやリラックスなどを求めてるかと思います。

でもカフェインには他にも身体にもたらす効果がありました。

良い効果も悪い効果もあります。

どんな効果があるのか。

その効果から成長期のカフェインが身長を伸ばすのに影響するような効果があるのか見てみましょう。

カフェインの効果

  • 覚醒作用
  • 強心作用(心臓の収縮力の強化)
  • 皮下脂肪燃焼効果
  • 脳細動脈収縮作用
  • 利尿作用
  • 眠気抑制
  • 倦怠感抑制
  • 膀胱がんのリスクが上がる(非喫煙者の過剰摂取の場合)
  • 不眠症
  • めまい
  • 骨を弱くする
  • 精神的依存性がある
  • カフェイン中毒の離脱症状がある
    (頭痛、短気、集中力低下、疲労感、身体の痛み)

ざっとですが、良くも悪くもこのような効果があります。

次では、もう少しかみ砕いて、成長期にカフェインを摂取した場合の身長への影響を考えてみます。

成長期のカフェインと身長の関係

背が高くなる子の特徴

【覚醒作用・眠気抑制・不眠】

これは成長期にはかなり問題なんじゃないかと思いますね。

成長期に身長を伸ばすには「睡眠」は非常に大事です。

それが抑制されてしまうのは成長にとって悪影響です。

 

【利尿作用・骨を弱くする】

利尿作用と言うことは、尿を沢山するってことです。

つまり尿と一緒にカルシウムなどミネラル成分が排出されてしまうといいます。

コーヒーを1杯飲んでの排出されるカルシウム量は2~3mgと少ないので、あまり気にするほどでは無さそうですが、色んなミネラルが失われるのはちょっと気になりますね。

カフェインを頻繁に摂取するのは控えたほうがよさそうですよね。

骨を弱くするというのはそういった点からではないかと推測します。

成長期には控えたい、カフェインが多い食品

背が高くなる子の特徴

上記で特に成長期には影響がありそうな効果を出しましたが、他にも健康上良くない効果はあります。

中毒性があるので、カフェインが多く含まれたものを常飲するのは控えたいところですね。

カフェインが含まれているものはコーヒーだけではありません。

どんな食品や飲料に含まれているか把握して、子供の成長に注意しておきましょう。

コーヒー(インスタント)100ml 40mg
コーヒー(豆から抽出)100ml 90mg
玉露100ml 120mg
紅茶100ml 20mg
コーラ100ml 12mg
ココア100ml 30mg
ダークチョコレート100g 59mg
ミルクチョコレート100g 20mg

1日250mg以上は睡眠に支障をきたす。

3時間で850mg以上の摂取は中毒症状を引き起こす。

と言われていますが、子供は大人に比べ少ない量でもカフェインの色んな効果を受けやすいです。

もう少し少ない目安にしておくことが大事。

体格によって基準がされているようですが、体重50kgくらいであれば大人のように摂取しても問題ないとされているようです。

最後に

調べた結果、成長期にカフェインを摂取するのは、あまりいい感じはないですね。

過剰でなければいいかと思いますが、注意したいのは短時間での摂取量と睡眠前の摂取ですね。

睡眠の妨げになるのは身長を伸ばすのには大打撃です。

また多く摂取することでのミネラル放出は避けたいです。

栄養もとても重要だからです。

もしカフェインを多く摂取してしまったり、利尿作用があるものを摂取してしまったとき、栄養が足りないと感じるときは、栄養不足にならないようにしっかりと栄養の補助摂取を心がけたいですね。

成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

背を伸ばす方法、3大要素はしっかり抑えよう

背が高くなる子の特徴

オスグット発症で背が伸びる?それとも伸びなくなる?

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばす簡単な方法を考察

背が高くなる子の特徴

母親が低身長だと子供も低身長なのか

背が高くなる子の特徴

コラーゲンで身長が伸びる真実

背が高くなる子の特徴

成長軟骨と身長の関係、背を伸ばすために必要なこと