背が伸びる「ヨーグルト」の食べ方とは?

背が高くなる子の特徴

ヨーグルトで背が伸びるというのは本当でしょうか?

牛乳から出来ているイメージがあるので、カルシウムはありそうです。

健康食品のイメージもあるので、良さそうですよね。

実はわたくし、ヨーグルトや腸に関しても色々調べていてそれなりに詳しいのです。

ですので、ヨーグルトと身長に関してや、ヨーグルトの効果的な食べ方などお伝えできればと思います。

ヨーグルトで背が伸びる効果はあるのか

背が高くなる子の特徴

ヨーグルトは牛乳から出来ている。

そうです。

でも正確には「生乳」「牛乳」「乳製品」に別れるんですね。

  • 生乳:牛やヤギの乳そのまま。加熱などの殺菌をしていないので、栄養価が高い。
  • 牛乳:生乳を殺菌したものです。成分は安定します。
  • 乳製品:脱脂粉乳やクリームなどを使って作られています。

でも元は主に牛の乳なのでカルシウムが豊富そうですよね。

「牛乳で背が伸びるは嘘」真実をお伝えします。

 

カルシウムと言えば背を伸ばすのに重要な栄養素の一つです。

ヨーグルトの栄養素を見てみましょう。

【ヨーグルト100g当たり】

  • エネルギー:65kcal
  • タンパク質:3.2g
  • 脂質:3.8g
  • 炭水化物:4.6g
  • ナトリウム:46mg
  • カルシウム:110mg
  • マグネシウム:12mg

ヨーグルトによって多少誤差はあると思いますが、だいたい上記のような栄養素が含まれています。

カルシウムは流石、牛乳と同じ含有量です。

成長期に重要だとされる「タンパク質」や「マグネシウム」も含まれています。

背が高くなる子の特徴

背を伸ばすためにヨーグルトの栄養素はどうなのかと言うと、カルシウム摂取には牛乳と同様に良さそうです。

ただやはり、ヨーグルトだけで背が伸ばせるかと言ったら、それは無理ですよね。

カルシウムの他に必要な栄養素はまだ色々あります。

マグネシウムも含まれてはいますが、理想としてはカルシウム2:マグネシウム1の割合で摂取することが吸収力的にも良いです。

 

でも牛乳と比べたら、カルシウムの吸収力は良いそうなので、カルシウムを摂取する面ではヨーグルトは牛乳よりも優れているかもしれないです。

 

「ヨーグルトで背が伸びるのか」結論としましては、背を伸ばすために必要なカルシウム摂取に有効である。

が正しいと思います。

実際に背を伸ばすには、他の要素も必要なので、ヨーグルトだけでとはいかないです。

ヨーグルトで背が伸びるもう一つの理由

背が高くなる子の特徴

ヨーグルトで背が伸びると期待できる部分にもう一つ理由があります。

「乳酸菌」です。

ここ近年乳酸菌ブームですよね。

乳酸菌て本当に凄いんですよ。

腸内フローラをご存知でしょうか。

僕たちの腸内には約100兆~1000兆個の細菌が棲みついていて、それぞれ種類ごとに群生しています。

それが花畑のように見えることから腸内フローラと言われているんです。

この腸内フローラには大きく3種類の細菌に分けることができ、そのバランスを整えることで、様々な恩恵を得ることが出来るんです。

背が高くなる子の特徴

乳酸菌は万能か!と言うくらい。

こちらのサイトで色々詳しく書いてありますので、参考にして下さい。

乳酸菌(腸内フローラ)の凄さについて。【ハピラシー】

 

で、腸内フローラが身長を伸ばすのにどう関係しているのかと言いますと。

それは腸内での栄養を吸収する力が良くなることです。

ヨーグルトを摂取することで乳酸菌を沢山摂取できるんですね。

すると腸内フローラが整いますので、腸の善玉菌が活発になります。

すると栄養の吸収力も良くなるので、成長期に必要な栄養素がしっかり身体に吸収することができます。

また腸を綺麗にすることで血管も綺麗になるんですね。

血を体中に運ぶ血管が綺麗になれば、体中に栄養素を届けてくれます。

 

こういった面から、ヨーグルトは背を伸ばすために良い働きをすると僕は考えています。

ヨーグルトで乳酸菌を摂取し、腸内をより効果的に整える食べ方があるので、ご紹介しますね。

効果的なヨーグルトの食べ方

背が高くなる子の特徴

では、ヨーグルトで乳酸菌を摂取し腸内フローラを整えましょう。

そして成長期に必要な栄養素をしっかり吸収しましょう。

ヨーグルトで乳酸菌を摂取するときのポイント①

  • 水溶性食物繊維も一緒に食べる。
  • オリゴ糖も一緒に食べる。

水溶性食物繊維とオリゴ糖は乳酸菌(善玉菌)の餌となるんですね。

ですので、乳酸菌と一緒に食べることで腸内フローラの善玉菌が増えて、より腸内が整います。

ヨーグルトで乳酸菌を摂取するときのポイント②

  • 空腹では食べない。

乳酸菌は種類が豊富で、一概には言えないのですが、胃酸に弱い性質があります。

空腹時は胃酸の濃度が高いです。

何かを食べた後だと胃酸が薄まるので、そのタイミングで乳酸菌を摂取した方が生きたまま腸まで届きやすいです。

でも死菌と言うのですが、死んだ菌でも腸内フローラを整える効果はあります。

腸に棲みついてる善玉菌の餌となるんです。

餌を与えれば善玉菌が増えるので、良い腸内環境になります。

ヨーグルトで乳酸菌を摂取するときのポイント③

  • 毎日食べる。

これはヨーグルトに限らないですが、薬ではないので、継続して食べることが大事です。

継続していくことで健康な身体へと変化していくので、続けなければいけないです。

朝食後とか、習慣化するといいですね。

 

最後に

【背が伸びる「ヨーグルト」の食べ方とは?】いかがだったでしょうか。

乳酸菌を摂取することは本当に身体にいいので、成長期にもプラスに働きます。

これで絶対に伸びるとは断言できませんが、是非摂取していって欲しいですね。

 

ちょっとだけ注意点があるとすれば、日本人には動物性乳酸菌であるヨーグルトの乳酸菌が合わない場合もあるんですね。

そんな時は植物性乳酸菌がいいです。

日本で昔から食されている発酵食品です。

味噌や醤油、漬物といった食品ですね。

 

成長期には色んな面から身体をサポートしたいです。

乳酸菌も試してみて下さいね。

 

成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばす簡単な方法を考察

背が高くなる子の特徴

ヤクルトで身長が伸びる理由

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばす豆乳、止める豆乳

背が高くなる子の特徴

成長期の女子、食欲がないけど大丈夫?

背が高くなる子の特徴

アミノバイタルは身長伸ばすのに効果あり?

背が高くなる子の特徴

成長期男子の食欲がありすぎても無くても心配