「牛乳で背が伸びるは嘘」真実をお伝えします。

背が高くなる子の特徴

「牛乳で背が伸びる」今も昔も言われてることです。

給食でも毎日出ますし、カルシウム摂取が目的なのは間違いないですよね。

でも「牛乳で背が伸びるは嘘」という噂も最近では聞くようになってきましたよね。

今回は、その真実に迫りたいと思います。

牛乳で背が伸びるのは「嘘」の真実

背が高くなる子の特徴

さて、今まで背が伸びると信じて飲んできた牛乳ですが、実はそれは嘘だったとはどういうことでしょうか。

牛乳を飲んでも全く意味がなかったのでしょうか。

調べてみると分かってきました。

なぜ「牛乳で背が伸びるのは嘘」だと言われる真実が。

 

背が伸びるということは、骨が伸びるということなんですね。

つまり骨を育てることが、背を伸ばすことに繋がる。

そして骨は何からできてるかと言えば、カルシウムと言うのが世間一般の答えじゃないでしょうか。

 

牛乳はカルシウムが豊富です。

その為に背を伸ばすためには牛乳を飲みましょうと言われてきました。

 

しかしです、骨はカルシウムからだけじゃなかったんです。

むしろ骨の土台となる芯の部分、鉄筋コンクリートで言えば「鉄骨」の部分はカルシウムではなく、タンパク質だったんです。

そしてカルシウムは芯にくっついて固まり、硬い骨を形成する役割だったんです。

鉄筋コンクリートのコンクリート部分です。

背が高くなる子の特徴

「牛乳で背が伸びるは嘘」と言われる真実はそこにありました。

牛乳で摂取するカルシウムが骨を伸ばしてるわけでなく、別の栄養素が伸ばしていたんです。

詳しく言いますと、骨端線という軟骨が骨の端にあります。

それが増殖して伸びることで、せは伸びていきます。

その骨端線の原料となっているのはコラーゲンとも言われています。

コラーゲンはたんぱく質の一種です。

コラーゲンで身長が伸びる真実

「牛乳で背が伸びるは嘘」は嘘?

背が高くなる子の特徴

牛乳が背を伸ばすかどうかを厳密に言えば、「背を伸ばさない」が答えかもしれないです。

でも牛乳は、つまりカルシウムは成長期に身長を伸ばすのには最も重要な栄養素の一つであることは間違いないです。

 

そもそも、背を伸ばすことってただ背が高くなれば良いだけですか?

大事な子供が背が伸びれば、弱い骨でもいいですか?

カルシウムをしっかりと摂取しておかなければスカスカの強度が弱い骨になってしまいますよね。

将来、骨粗しょう症になってしまいます。

日本人はカルシウム不足が特に多いです。

意識して摂取する必要があります。

 

それから、血中のカルシウム濃度により、破骨細胞や骨芽細胞の働きが関わってきます。

この2つの細胞は身長の伸びにはとても関わっていて、成長期の身長を伸ばすカギを握ってるとも言えるくらいなんです。

骨芽細胞が身長を伸ばすカギを握っている

そう考えると、牛乳(カルシウム)は直接ではないにしろ、背を伸ばすには重要な栄養素ですよね。

 

牛乳では背が伸びませんと断言するサイトや人もいますが、僕はそうはとっていません。

やはり牛乳はカルシウムを摂取するのにいい食品だと思います。

背が伸びる牛乳の飲み方

背が高くなる子の特徴

背が伸びる為には、牛乳を飲みましょうとは言いませんが、背を伸ばすのに必要ないとは思いません。

牛乳でカルシウム摂取するのは良いと思います。

では、より背を伸ばすためには、どのように牛乳を飲めばいいのか、カルシウムの面から考えてみましょう。

 

まずカルシウムは、とても吸収力が悪い栄養素でもあります。

またカルシウムの種類によっても吸収率がバラバラで、安定してカルシウムを摂取するのが難しいとされています。

それがカルシウム不足になる要因の一つでもあります。

 

では、カルシウムをより吸収できるようにするにはどうすればいいのか。

それはカルシウムの吸収を助ける栄養素を一緒に摂取することです。

 

それはビタミンDマグネシウムです。

どちらもカルシウムの吸収力をあげる働きを持っていて、それぞれの働きもあります。

そしてどちらも成長期には重要な一つとして上げられる栄養素です。

カルシウムとビタミンDで身長を伸ばす

マグネシウムはナッツ類に豊富です。

こちらの記事を参考にして下さい。

ナッツを食べて身長を伸ばすことは可能なのか?

牛乳じゃなくても背が伸びる?

背が高くなる子の特徴

今回は牛乳が背を伸ばすのかどうかについてがテーマだったので、牛乳を摂取することを前提で話してきました。

それは牛乳でカルシウムを摂取するということです。

 

先ほどお伝えしたようにカルシウムは成長期には重要な栄養素です。

でもカルシウムを摂取するのであれば牛乳じゃなくてもいいんです。

アレルギーや、乳糖不耐性の方は牛乳が飲めないですしね。

 

牛乳(100g)の栄養素を見てみましょう。

  • エネルギー:67kcal
  • タンパク質:3.3g
  • 脂質:3.8g
  • 炭水化物:4.8g
  • カルシウム:110mg
  • リン:93mg
  • ナトリウム:41mg
  • カリウム:150mg

他にはビタミン類なども含まれています。

流石カルシウムが豊富ですよね。

牛乳はカルシウム以外にも栄養がバランスよく配合されていて健康にいい飲み物ですが、カルシウムの摂取を牛乳ばかりに偏るのは問題ですね。

脂質も多いため、太ってしまう恐れがあるからです。

背を伸ばすために1日1Lの牛乳を飲むなんて人もいるじゃないですか。

それだけの栄養素を使い切れるだけならいいかもしれないですが、過剰に脂質やカロリーを摂取してしまえば肥満になります。

実は肥満は身長を伸ばすのには大敵なんです。

思春期早発症は肥満が原因。成長期のダイエット要注意

 

だから成長期だからとカルシウムを摂取するのであれば、牛乳にこだわる必要はなく、色んな食品から摂取する方が、栄養の偏りが無くなるのでいいです。

 

またカルシウムは吸収力が良くないと言いました。

そしてマグネシウムやビタミンDなどが有効と言いました。

摂取したい量のバランスもあります。

例えばカルシウム2:マグネシウム1の割合が黄金比と言われています。

 

子どもの背を伸ばすためには出来るだけのことはしてあげたいです。

栄養素をしっかりと、効果的に摂取させたいです。

栄養の組み合わせや、配合バランス、推奨量などですよね。

 

うちもそうだったのですが、正直大変ですし、食事だけでまかなおうとしても難しいとこがあるのが本音です。

そこで今助けてもらってるのが成長サプリメントです。

成長期に必要な栄養素を吸収しやすいように計算された配合や、バランス、形で配合されています。

もちろんカルシウムもです。

牛乳を1日1L飲むよりよっぽど栄養素がバランスよく吸収力よく摂取できて、物によってはコストも安く済みますよ。

お勧めのサプリメントをまとめましたので、参考にして下さいね。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

背が伸びる成分を総まとめ!

背が高くなる子の特徴

成長ホルモンを促進させる食べ物

背が高くなる子の特徴

カルシウムとビタミンDで身長を伸ばす

背が高くなる子の特徴

DHCカルシウム+CBPは身長を伸ばすサプリか?

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばすのにココアはおすすめか?

背が高くなる子の特徴

アルジネードウォーターは身長を伸ばすのに最適?