骨年齢の遅延は身長にどう影響している?

背が高くなる子の特徴骨年齢が遅延しているとはどういうことなんでしょうか。

何を意味しているのでしょうか。

身長にどう影響しているのか、調べてみました。

骨年齢とは

背が高くなる子の特徴読んで字のごとく、骨の年齢なのですが、実年齢に比べ骨がどれだけ相応した成熟度かを表す指標ですね。

実際の年齢と、調べた骨の年齢(成熟度)が近ければ正常だということになります。

実年齢より骨年齢が高ければ、骨の成長が早すぎるということになります。

もし小学生くらいで急に背が伸びてきた、周りの子よりも背が高いといった場合、
骨年齢が実年齢よりも高い可能性があります。

余りにも早い成長は、最終的な身長が低くなってしまうこともあります。

早い時期(小学校低学年~中学年)での急な成長は、嬉しく感じるものですが、
実は成長期が早く訪れているかもしれないので、骨年齢を測ってみるといいです。

骨年齢が遅延していると身長は?

背が高くなる子の特徴実年齢よりも骨年齢が遅延している場合は、骨が成長していないので、身長が低いです。

逆に言えば、身長が周りの子と比べ低い、また成長曲線を描いてみて、平均よりも低いのであれば、骨年齢が遅延している可能性があるということですね。

成長曲線は、各年齢時の身長を折れ線グラフで繋いでいったもので、SDという単位で数値化されます。

-2.0SD以下になると低身長症として、原因に対する治療方法がありますので、早めに病院へ行くことが大事です。

早期発見早期治療ですね。

骨年齢の遅延ですが、遅延している原因にもよりますが、
実年齢よりも骨年齢が低いということは、今後背が伸びる可能性もあるということです。

まだ成長する伸びしろがあるということなんです。

 

身長が伸びるということは、骨が伸びるということ。

その為に必要なのが成長ホルモンの分泌です。

成長ホルモンを促進させる食べ物

骨年齢の調べ方

骨年齢の調べ方ですが、これは病院へ行き小児科や整形外科で簡単に調べることができます。

利き腕と逆の手の甲のレントゲン写真を見ることで判断されます。

その時に見るのが、細長い骨と短い骨の間にある、骨端線(コッタンセン)という軟骨です。

骨端線はレントゲン写真には写りませんが、骨と骨の隙間の細さで確認ができます。

この隙間(骨端線)が細い程、骨年齢が高いと言えます。

逆に隙間(骨端線)が開いているほど骨年齢が遅延しているということです。

身長が何故伸びるかと言うと、骨端線が伸びるからなんですね、
ですので骨端線が閉じてしまえば、つまりレントゲンで見る骨と骨の間の隙間が無くなってしまえば、その後は身長が伸びない。

骨年齢を見ることで今後どれくらい身長が伸びるかの予測ができるんです。

成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

酔い止めで身長が伸びる?メクリジンの効果とは

背が高くなる子の特徴

ゼリーで身長が伸びる話は本当?解明しました。

背が高くなる子の特徴

晩熟タイプの身長の伸び方と、早熟を防ぐ方法

背が高くなる子の特徴

ニキビと身長の関係は?対策は間に合ってる?

背が高くなる子の特徴

低身長の夫婦、子供の身長はどうなる

背が高くなる子の特徴

生理がきた、成長ホルモン分泌・身長の伸びは終了?