骨端線が閉じる原因と対策法

背が高くなる子の特徴

子どもの身長が伸びるということは、骨が伸びるということですよね。

子どもには骨端線という成長軟骨があり、これが成長することで骨が伸びます。

その骨端線が閉じてしまうと(硬い丈夫な骨へと成熟してしまうと)もう身長が伸びなくなります。

では、骨端線が閉じる理由を知ることで何か対策が出来るのでしょうか。

骨端線が閉じる原因は性ホルモン

背が高くなる子の特徴

骨端線とは、骨の端にある軟骨部です。成長軟骨とも呼ばれています。

大人になるとその軟骨(骨端線)はもう硬い骨へとなってしまい、その後はもう背が伸びません。

そういう状態になることを骨端線が閉じるといいます。

つまり骨端線がまだ開いている状態であれば、まだ伸びる可能性があるということなんです。

成長軟骨と身長の関係、背を伸ばすために必要なこと

 

骨端線がまだあるかどうかを知るには、病院で手のレントゲンを撮ってもらうことで確認ができますよ。

 

では、大人になると閉じてしまう骨端線ですが、何が原因で閉じてしまうのでしょうか。

それは、女性ホルモンであるエストロゲンです。

エストロゲンが多く分泌されるようになると成長ホルモンの分泌が促進され身長の伸びが加速します。

しかし、エストロゲンは成長ホルモンの分泌を加速させるのですが、骨の成熟を促進する働きも持っています。

ですので、エストロゲンが分泌されるようになると、骨の成熟が進み骨端線が閉じて、やがて身長の伸びが止まります。

身長が伸びる時期、いわゆるこれが成長期のことですね。

成長スパートや思春期スパートなどとも呼ばれていますね。

 

ストロゲンは女性ホルモンですが、男性でも分泌はされます。

でも男性と女性を比べると、女性の方が分泌量は多いです。

その為女性の方が骨の成熟がより進み、最終的な身長が男性より低いわけなんですね。

 

つまり、骨端線が閉じる原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌でした。

そして、子供の最終身長が低くなるのか高くなるのかは、いつエストロゲンが分泌されるようになるのかです。

 

平均的な成長期は、

  • 男の子:12歳~14歳
  • 女の子:10歳~12歳

と言われていますが、この年齢よりも早く成長期が訪れると(エストロゲンが分泌されるようになると)最終身長が低くなる可能性が高いです。

成長期なのかどうかの目安についてはこちらを参考にして下さい。
背が伸びる前兆ってどんなの?

骨端線が閉じる前にできること

背が高くなる子の特徴

子どもの最終身長が高くなるか、低くなるのかの要因の一つは、骨端線がいつ閉じるのかです。

そして骨端線が閉じる原因はエストロゲンの分泌でした。

エストロゲンが分泌されるのは成長期(思春期)です。

子どもの身長を高くしてあげるには、成長期が早く訪れないようにしてあげることが大事だということです。

成長期を早める原因

成長期を早めてしまう原因

  • 肥満
  • 愛情不足

 

背が高くなる子の特徴

肥満は成長期の到来を早めてしまう統計があるそうです。

また肥満であること自体、成長ホルモンの分泌が悪くなりますし、身体的にも不健康ですよね。

ですので、もし肥満であるのならばすぐにでもダイエットをした方がいいです。

でも、過度なダイエットは成長にはマイナスになってしまいます。

運動と栄養のバランスをしっかりとって無理なくして下さいね。

思春期早発症は肥満が原因。成長期のダイエット要注意

 

次に愛情不足です。

背が高くなる子の特徴

「愛情不足が?」と思ってしまいますよね。

でもこれは専門家からも言われてることで、実際にそういう過程で育った子は背が低い割合が高いデータもありました。

両親の中が悪かったり、子供の前で夫婦ケンカそしてしまったりすると、子どもは身の危険を感じ取ってしまいます。

すると本能的に早く大人になろうとしてしまうんです。

子どもは親をよく見ています。

親の不安を子どもは受け取ってストレスに感じてしまいます。

ストレスも身長を伸ばす上では成長ホルモンを分泌などに悪影響を与えます。

しっかりと愛情を与えてあげて下さいね。

性の成熟を抑制するホルモン

背が高くなる子の特徴

性の成熟を抑制するホルモンがあります。

それはメラトニンです。

睡眠ホルモンと呼ばれていて、夜暗くなると分泌されて眠気を誘います。

そして自然な睡眠へと導いてくれるホルモンです。

実はこのメラトニンに性の成熟を抑制する働きがあるんです。

 

メラトニンは暗くなることで分泌されます。

ですので、夜寝る前には光の刺激を受けるのはメラトニンの分泌の妨げになるんです。

寝る前にスマホやテレビ、蛍光灯などの明るすぎる部屋で過ごすことは極力避けた方がいいですね。

それから、メラトニンを分泌するには昼間に日光を浴びてセロトニンを分泌させることも重要。

更に、セロトニンを分泌するにはアミノ酸の一種であるトリプトファンの摂取も大事です。

身長伸ばす為、寝る前に意識するべき8つ

 

最後に

骨端線が閉じるのを遅らせるには、肥満を防止したり、メラトニンの分泌が大事でした。

その裏で重要となってくるのが栄養素です。

肥満防止の為にダイエットをしても栄養が不足するようでは逆効果です。

メラトニンの分泌にはトリプトファンが必要です。

ですので、骨端線が閉じるのを遅らせることばかりに気を取られないで、栄養面にも気を使ってくださいね。

そもそも骨端線が閉じてなくても栄養が無ければ背が思うようには伸びません。

子どもの背を伸ばすにはトータルで考えることが大事ですよね。

背を伸ばす方法、3大要素はしっかり抑えよう

 

栄養摂取に関しては成長をサポートするために考えて配合されたサプリメントは、子供の成長に悩む私たちの助けになってくれます。

バランスよく必要な栄養素が、吸収しやすいように配合されています。

手軽に摂取出来、コストも抑えられます。

計算すると気付きますが、成長の為にと食材を揃えるよりも安く上がるんです。

栄養素の分析や、どの食材にどれだけ含まれているかを考える手間も省けますしね。

うちの子のも飲ませてますが、かなり助かっています。

お勧めのサプリメントをまとめていますので、参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

息子の身長が低い時、あなたはどうしますか

背が高くなる子の特徴

「コーラを飲むと背が伸びない」本当の理由

背が高くなる子の特徴

ローヤルゼリーは身長を伸ばす栄養素が詰まってる?

背が高くなる子の特徴

男子の成長期が遅いときにするべきこととは

背が高くなる子の特徴

成長期に足がつるのは何故?対処法は2:1

背が高くなる子の特徴

「冬は身長が伸びない」を考察。対策法も。