ジョギングで身長が伸びた。本当です。

背が高くなる子の特徴

ジョギングをしたら身長が伸びた。

これは嘘ではないです。

ちゃんとした理由があります。

成長期にジョギングがいいのは何故でしょうか。

ジョギングで身長が伸びた理由

背が高くなる子の特徴

成長期の子供が身長を伸ばすために重要なことがあります。

「栄養」「睡眠」「運動」

 

はい、運動をすることは身長が伸びることにとても関わってるんですね。

ジョギングで身長が伸びたというのは充分にあり得ることなんです。

 

ですので、身長を伸ばすのにジョギングをすることはとてもお勧めできます。

また一番手軽にできる運動なので、そういった面でもお勧めします。

 

なぜジョギング(運動)で身長が伸びたのか。

言い換えると、なぜ身長を伸ばすのに運動が良いのかということですね。

 

身長が伸びるということは、骨が伸びるということなんです。

成長期の子どもの骨には、骨端線という軟骨があります。

この骨端線が伸びることで背が伸びます。

 

因みに骨の端にある部分ですが、レントゲンを撮ると、その部分が写りません。

隙間となって見えるので、骨端線があるかないかが確かめられます。

骨端線は大人になるにつれて無くなっていき、背が伸びなくなります。

ですので、病院で骨端線がまだ残ってるかを確認してもらうことで、今後まだ背が伸びるのかどうかを調べることが出来ます。

 

骨端線は刺激を受けることで活発に働き成長(伸びます)します。

その刺激を与えるのに運動が必要だということなんです。

 

ジョギングをすれば、骨端線に刺激が与えられます。

だから、身長が伸びたというわけですね。

身長を伸ばす運動

背が高くなる子の特徴

骨端線に刺激を与えるのであれば、ジョギングじゃなくても他の運動でもいいですよね。

水泳や縄跳びも良いと言われています。

また縦の動きが多いスポーツも良いと言われています。

バスケやバレーですね。

ジョギングや縄跳びも縦の動きが多いですよね。

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 縄跳び
  • 水泳
  • バスケ
  • バレー

この辺りが身長を伸ばすのによく上げられる運動ですね。

 

でも注意したいのが、負荷です。

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばすにあたって必要な運動は、気持ちく行える程度の負荷で十分なんです。

むしろ負荷が強いのはケガだったり、子供の身体には耐えられないこともあるのでお勧めしません。

バスケやバレーはいいのですが、強くジャンプして着地したりが多いので、
小さいうちはあまりお勧めはしないです。

楽しむ程度には良いと思います。

でも毎日毎日、部活のようにハードにするのは負荷が強いかもしれないですね。

本格的に始めるのは中学や高校など、身体が強くなってからがいいかと。

 

そういった面でも、ジョギングやウォーキングなどは適度な負荷で身体が動かせ、ストレスの発散にもなりいいです。

 

ストレスは低身長の原因の一つでもありますしね。

 

でもジョギングだけしておけば身長が伸びるわけじゃないですよ。

「栄養」「睡眠」も不可欠です。

 

僕は中学時代はバスケ部でした。

背が伸びると言われるスポーツです。

でも身長は160cmしかないです・・・

 

運動してるだけじゃ伸びないを体感してます。

運動は好きでよくサッカーやバスケをして遊んでたんですがね。

やはり「栄養」「睡眠」が不足していたからですね。

 

適度な運動をして、お腹を空かして、しっかりと栄養補給。

もし食事で足りないときは、サプリメントも方法の一つです。

成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

心地よい疲れから睡眠を誘い、質のいい睡眠をする。

成長ホルモンが沢山分泌されて、補給した栄養素が使われ、運動で活発になっている骨端線が伸びる。

このような好循環が理想ですよね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

身長と運動は関係ない?本当のことを知りましょう。

背が高くなる子の特徴

小さい頃に筋肉をつけると身長が伸びない本当の理由