DHCカルシウム+CBPは身長を伸ばすサプリか?

背が高くなる子の特徴

サプリメントと言えばDHC。

そして身長と言えばカルシウム。

ということで、身長を伸ばすために注目されてる「DHCカルシウム+CBP」

はたして、身長を伸ばすことに適しているのか考えてみました。

 DHCカルシウム+CBPの特徴

背が高くなる子の特徴

まずは「DHCカルシウム+CBP」の含有成分を見てみましょう。

【 DHCカルシウム+CBP】4粒(1日分/1800mg)あたり

  • エネルギー:3.1kcal
  • たんぱく質:0.03g
  • 脂質:0.05g
  • 炭水化物:0.63g
  • ナトリウム:0.92mg
  • カルシウム:370mg
  • ビタミンD:0.07μg
  • CBP:12mg

流石カルシウムが高配合です。

カルシウムの代名詞でもある牛乳ですら100g中に110mgなのに、その3倍以上のカルシウム含有量です。

 

「 DHCカルシウム+CBP」の特徴としまして、カルシウムの吸収力と定着力があげられます。

CBP(濃縮乳清活性たんぱく)という、牛乳から抽出された成分によりその効果がアップするそうです。

 

CBPの1日の推奨量は6~60mgと言われています。

ちょっと幅広いですが…

その量を牛乳で摂取しようと思うと、最低でも4Lも1日で飲まなくちゃいけないんです。

 

でも「DHCカルシウム+CBP」なら、1日4粒で牛乳8L分のCBPが摂取できちゃいます。

 

それから、カルシウムの吸収力をアップさせるもう一つの栄養素としてビタミンDも配合されています。

カルシウムとビタミンDで身長を伸ばす

 

ビタミンDは、成長期である10歳~14歳で3.5μgが摂取したい推奨量ですので、「DHCカルシウム+CBP」の0.07μgは気持ち程度な気もしますが。

 

このように「DHCカルシウム+CBP」は、カルシウムの吸収にとても有効そうなサプリメントですね。

 DHCカルシウム+CBP身長に対するメリット・デメリット

背が高くなる子の特徴

「DHCカルシウム+CBP」の一番のメリットは、やはりカルシウムの含有量とカルシウムの吸収・定着率でしょう。

それと、DHCだけあってコストパフォーマンスは抜群ですね。

公式を見ると30日分は440円(税抜)で購入できます。

 

安すぎる…

 

それからコンビニでも買える手軽さでしょうか。

 

背が高くなる子の特徴

次、デメリットを見てみましょう。

「DHCカルシウム+CBP」はカルシウムに特化したサプリメントであること。

カルシウムを摂取するには優れているのですが、成長期の子どもが大きく育つ為のサプリメントとしては、物足りない配合成分である。

成長期には重要な栄養素がいくつもあり、それらもバランスよく摂取したいです。

そういった面では、「DHCカルシウム+CBP」では補えないということですね。

 

まとめます。

「DHCカルシウム+CBP」メリット

  • カルシウムの含有量
  • カルシウムの吸収力・定着率がアップ
  • 30日分440円(税抜)というコストパフォーマンス

 

「DHCカルシウム+CBP」デメリット

カルシウムに特化しているため、成長期に必要な他の栄養素が摂取出来ない。

成長期の子どもに飲ませるサプリメントとしては物足りない。

身長には「 DHCカルシウム+CBP」+「ドクターセノビル」

背が高くなる子の特徴

「DHCカルシウム+CBP」はカルシウムの摂取にはいいですが、その他の栄養素を摂取するにはむいていないです。

ですので、身長を伸ばすためにと言う面では、「DHCカルシウム+CBP」だけでは厳しいです。

 

そこで一つ考えました。

成長期を応援する成長サプリメントがありますよね。

当サイトでも紹介している「ドクターセノビル」ですが、アルギニンが1包装に2500mgと沢山配合されていて成長期の子どもにはおすすめのサプリメントなんです。

でもドクターセノビルのデメリットとして、配合成分表を見るとカルシウムが配合されていないんですね。

 

そうです、「DHCカルシウム+CBP」でカルシウムを摂取し、「ドクターセノビル」で他の成長期に必要な栄養素を摂取する。

そうすることで、お互いのデメリットをカバーできるんです。

「DHCカルシウム+CBP」が440円(税抜)という安さだから出来ることですね。

 

ただ、子どもにサプリメントばかりで栄養補給させるのもあれですよね。

出来ることなら、食事で摂取して、不足する分をサプリメントで補うというのが理想かと思います。

 

どんなサプリメントにするかで変わりますが、例えばドクターセノビルであるなら、カルシウムは食事から摂取するようにできるといいですよね。

カルシウムは入ってないですが、カルシウムの吸収力アップさせるボーンペップビタミンDなどは配合されていますから。

 

おすすめの成長サプリメントはこちらでまとめていますので、参考にして下さいね。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばす簡単な方法を考察

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばすのにココアはおすすめか?

背が高くなる子の特徴

ナッツを食べて身長を伸ばすことは可能なのか?

背が高くなる子の特徴

背が伸びると噂の「ミロ」本当にお勧めしていいのか?

背が高くなる子の特徴

カルシウム、マグネシウム、 亜鉛、身長を伸ばす栄養

背が高くなる子の特徴

「コーラを飲むと背が伸びない」本当の理由