カルシウム、マグネシウム、 亜鉛、身長を伸ばす栄養

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばすために欠かせない栄養素として、

「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」がよくあげられてますよね。

どれだけ摂ればいいのか、どのように摂れば身長に効果的なのか。

まとめました。

「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」が身長を伸ばす

成長期に身長を伸ばすためには、栄養素の摂取は絶対条件です。

特に重要な栄養素として言われるのは、

「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「たんぱく質」です。

これらが身長を伸ばすためにどれだけ必要なのか、どんな働きがあるのか、
どのように摂取するといいのか見ていきましょう。

身長を伸ばす栄養素「カルシウム」

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばすためにまず思い浮かべられる栄養素と言えばカルシウムですよね。

骨をの強さを担っています。

不足すれば密度も減り、特に女性は将来骨粗しょう症の恐れがあります。

大事な栄養素ですが、不足しやすい栄養素の一つでもあります。

現代では食生活の変化により、小魚や海藻などを食べることが少なくなり、乳製品の摂取も文化的に少ないため、カルシウム不足が発生しています。

またカルシウムは吸収力が悪いんですね。

それもまたカルシウム不足に輪をかけているようです。

【カルシウムが多い食品】

  • 乳製品
  • 海産物(わかめ、小魚、干しエビ、うなぎ)
  • 野菜(小松菜、チンゲン菜、切り干し大根、大根菜、野沢菜)
  • 大豆製品(豆腐、納豆、揚げ)

 

【成長期のカルシウム摂取推奨量】

8~9歳 10~11歳 12~14歳 15~17歳
男の子 650mg 700mg 1000mg 800mg
女の子 750mg 750mg 800mg 750mg

 

先ほどもお伝えしたように、カルシウムは吸収力が良くないです。

摂取する食品によっても吸収率はバラバラ、カルシウムは如何に吸収するかを考えて摂取することが大事です。

その一つとして、マグネシウムを一緒に摂取することが大事です。

 

カルシウム2:マグネシウム1の比率で摂取すると、カルシウムの吸収力も良くなります。

身長を伸ばす栄養素「マグネシウム」

背が高くなる子の特徴

骨と言えばカルシウムですが、骨にはマグネシウムも重要で、体内のマグネシウムの60%は骨や歯に含まれているようです。

そしてマグネシウムはカルシウムの働きをサポートする効果があるので、カルシウムを摂取するときには、マグネシウムもセットで摂取するといいですよ。

【マグネシウムが多い食品】

  • 木綿豆腐
  • 牡蠣
  • ナッツ類
  • ほうれん草
  • 大豆
  • インゲン豆
  • カツオ

 

【成長期のマグネシウム摂取推奨量】

8~9歳 10~11歳 12~14歳 15~17歳
男の子 170mg 210mg 290mg 360mg
女の子 160mg 220mg 290mg 310mg

ナッツ類はマグネシウムが多いですが、食べすぎは注意です。

カロリーが多いので、肥満の原因になります。

肥満は成長期を早め、将来的な身長が低くなってしまいます。

ナッツを食べて身長を伸ばすことは可能なのか?

身長を伸ばす栄養素「亜鉛」

背が高くなる子の特徴

亜鉛は成長ホルモンなどの原料になるたんぱく質や、遺伝子酵素に含まれるもので、骨の成長にも影響しています。

あまり聞かないかもしれないですが、成長期には必要な栄養素なんです。

【亜鉛が多い食品】

  • 牡蠣
  • 納豆
  • 和牛のモモ
  • ホタテ
  • 豚レバー
  • 豚モモ

 

【成長期の亜鉛摂取推奨量】

8~9歳 10~11歳 12~14歳 15~17歳
男の子 6mg 7mg 8mg 10mg
女の子 5mg 7mg 9mg 8mg

亜鉛は不足すると味覚障害を引き起こします。

すると食欲減退の原因にもなり、栄養不足の引き金に。

成長期の栄養不足は身長の伸びに直結します。

注意ですね。

身長を伸ばす栄養素「たんぱく質(コラーゲン)」

背が高くなる子の特徴

たんぱく質は筋肉や骨の材料となる大事な栄養素です。

筋トレをしている人が良く摂取しているプロテインはたんぱく質のことですね。

プロテインはギリシャ語で「最も重要」という意味があるんですよ。

それほど大切な栄養素です。

成長ホルモンの分泌も促します。

【たんぱく質が多い食品】

  • 豆類
  • 乳製品

 

【成長期のたんぱく質摂取推奨量】

8~9歳 10~11歳 12~14歳 15~17歳
男の子 40mg 50mg 60mg 65mg
女の子 40mg 50mg 55mg 55mg

たんぱく質は肉に多いですよね。

でも肉には脂肪分も多いです。

肥満には注意です、肥満は成長期を早めます。

鶏のササミや豆腐が脂肪分も少なくていいですよね。

最後に

どれか一つに偏るのは良くないです。

同じ栄養素をとるにしても、食べやすいからとナッツ類ばかりではカロリー過多になってしまいます。

そしてカルシウムとマグネシウムのように、バランスよく必要な量を摂取するようにするのが理想です。

他にもビタミンDや色んな栄養素も大事です。

 

流石にそこまで計算して摂取するのは難しいし、大変です。

成長期の子供には栄養をちゃんと摂らせたいけど、食材揃えるのもお金が掛かるし、
仕事が忙しいときなんて、そんな食事を作ってあげられないもんですよね。

 

そんな場合に助けてくれるのがサプリメントだと思います。

子供の成長に、親である大人の事情で栄養を与えられないなんてあり得ません。

サプリメントなら既に各栄養バランスや配合比率、食事では摂取しずらい栄養素などを手軽に摂取できます。

 

僕の小学生の娘にも飲ませていますが、良い感じですよ。

最終的な身長は分かりませんが、しっかり伸び始めてきてますし、娘の気持ちが明るくなるんですね。

やっぱ身長は気にしてましたから。

親と一緒に取り組んでることが良い方向に向かわせます。

 

お勧めのサプリメントをまとめましたので、ご覧ください。

↓ ↓ ↓
成長期は遺伝では決まらない、サプリメントランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

背が高くなる子の特徴

身長を伸ばすにはタンパク質は絶対!+ビタミンB6

背が高くなる子の特徴

カルシウムとビタミンDで身長を伸ばす

背が高くなる子の特徴

「牛乳で背が伸びるは嘘」真実をお伝えします。

背が高くなる子の特徴

「亜鉛サプリで身長が伸びた」は本当か

背が高くなる子の特徴

アミノバイタルは身長伸ばすのに効果あり?

背が高くなる子の特徴

ナッツを食べて身長を伸ばすことは可能なのか?